ニキビ跡は専門のクリニックでしっかり治療する|安心のスキンケア

微笑む女の人

専門家に任せるということ

女性

ニキビは毛穴に詰まる角栓が原因です。角栓は家庭でできる除去方法もありますが、病院を利用すると確実です。ニキビは生活習慣の見直しが予防につながります。ニキビ跡を残したくない、または消したいという場合は、病院での治療が最適です。インターネットを活用して治療先を探すのも良いでしょう。

View Detail

皮膚科と美容皮膚科

鏡を見る女の人

ニキビができてしまったら皮膚科で治療を行うことになります。ニキビ跡の治療は美容皮膚科で行うことになり、光やレーザーを通してニキビ跡を消すことになります。現在は、美容整形のクリニックでもニキビ跡の治療を行っているところが多くあります。

View Detail

にきびの跡が残らないため

医者

末期にならないために

にきびを起こすにきび桿菌は、誰の肌にも住んでいます。空気がない状態で増えていくという性質があるために、毛穴に皮脂がたまってしまって密閉されていると毛穴の中で増殖しまい、炎症のもととなる成分を作り出してしまいます。こうしてにきびができあがっていきます。にきびは毛穴が閉じて白く盛り上がっていく初期から、赤くはれてくる中期、膿を持つ末期まで段階を経て悪化していきます。初期のにきびの時は洗顔などで悪化を防ぐことができますが、中期以降では炎症が進んでいるので、薬を使用して治したほうが安全になります。末期まで進んでしまうと組織が破壊されてしまいますので、ニキビ跡が残りやすくなります。早めに対策をしておくことが大切です。

保険がきかない

にきびの炎症が治まってしまえば、にきびは治ったことになります。にきびは治っても皮膚に赤みや、ニキビ跡が残ってしまうこともあります。ニキビ跡は末期のにきびや自分でにきびをつぶしたりした後に残りやすくなります。ニキビ跡が残ってしまうと赤みなどの色素沈着が消えていくまでに、数か月から数年かかってしまいます。この残ってしまった色素の沈着を、レーザーを照射することでなくしてしまう治療方法も行われています。またケミカルピーリングで治療を行っているところもあります。この治療方法を繰り返していくことで予防的な効果が出てくることも期待されています。しかし、保険適応外の治療になるので費用に関しては事前に確認をしましょう。

ニキビの跡を治すために

美容整形

ニキビ跡を治療するには、根気強さが必要です。特に、酷いニキビが出来てしまった場合、クレーターになったりしみになったりしてしまいます。どちらの治療にも有効なのが、肌の保湿、そして皮膚のターンオーバーを促すことです。角質を取りたいからと肌に刺激を与えすぎてしまうピーリングなどは控え、優しくケアしましょう

View Detail